単身赴任

ブログなるものを始めてみんとす。

生きてるだけで、愛。(本谷有希子)※映画版こみ

短編を109分の映画にするなんて、無茶だよ。

 

躁鬱メンヘラ寧子ちゃんが、日常でひたすらもがき続ける大変閉塞的な一作。

映画版がどうしょもなかったせいか、原作は表紙のハートがダサいくらいでそこまで悪くなく思えた。

 

原作の登場人物は寧子ひとりで、その他のみなさんはNPCと言って差し支えがない。

それは寧子が他人にうまく触れないせいであり、恋人の津奈木すらも村人Aみたいになっている。

一生懸命津奈木に触ろうとして、できなくて、でも諦めきれずに手を出して、生きてることしかできない寧子の生自体が愛になる。

最後の選択が「携帯を閉じる」=「NPCのお役御免」、要は別れなのだから物悲しいですね…

 

対して映画版は津奈木フィーチャーしすぎ。

結局津奈木も寧子と同じフィールドに降りてきちゃうし。

キャストの菅田将暉は確かに格好の良い素敵な俳優なんだけど、菅田将暉のカッコいい姿じゃなくて、無様に足掻く寧子の姿を描いてくだせえよ。

あと寧子の趣里ちゃんは何やっても趣里ちゃんだからもっと頑張ってほしい。脱げるだけの女優になんないでくださいよ!

 

あと映画版でよろしくないのは、寧子が停電で発狂するところ。原作を読んでないのか読んでもわかんなかったのか、究極趣里ちゃんのせいなのか…

寧子は暗闇が怖いわけじゃない。限界まで膨らんだ自分への失望が停電をトリガーとして破裂してるだけ。

あれじゃ寧子の属性盛ってるだけじゃん。躁鬱、コミュ障、メンヘラ、暗所恐怖症←new

寧子押さえつける菅田将暉はカッコ良かったよ。そこじゃねえけどな。

 

原作は、一読の価値はあると思います(同時収録「あの明け方の」はスルーでOK)

映画は、菅田将暉が大好きなら絶対観るべきだと思います。

私からは以上です。

カクレカラクリ(森博嗣)

なんか、真顔になる。

 

私は前回の「イデアの影」まで森博嗣に触れずにおり、またなぜか綾辻行人(未読)と混同し、勝手に「本格ハードボイルド推理小説家 森博嗣」を爆誕させていました。

違った。

ヤングアダルトジュブナイルな作家さんだったんですね。失礼した。

 

本作はコカコーラとタイアップしてるのもあり、まさに少年少女小説

少年、つっても大学生だけど、そいつらが可愛い女の子追っかけて出向いた片田舎で宝探しをするお話。

不思議ちゃん美少女ヒロインあり、天真爛漫メカオタ妹サブヒロインあり、お調子親友男子あり、謎解きあり、秘密ありのノベルゲームアプリのようだった。

 

謎解きはかなり軽く、脱出ゲームが好きな人ならチラ見で解読可能。

よう100年以上謎保ったな、と感心するレベル。

タイトルにもなっている「カクレカラクリ」は「そんでなんなの」と思ってしまった。

 

秘密は年代的な意味で古すぎ、もはや意味をなさないが登場人物たちは子供なので?ショック受けたり泣いてみたりしていた。

リアル少年少女なら共感するのかな?

 

主人公の親友男子はヒロインに片思い?してるんだけど、前振りもなく、ヒロイン自体が「なんか片思いされてるくらいだから美少女なん?」程度の謎感持ったままラストまで走るから理解も共感もできない。

主人公は結構真剣に謎解き始めるものの、気まぐれ君なのかあっさり諦めて家帰ろうとしたりもするので「んっ!」てなる。

変拍子の音楽聴いてるときみたいに「んっ!」てなる。

 

終始ゆるめのテンションで進む、なんというか気楽に読めて、疲れてるときの暇潰しにはいいかなっと、そんな感じです。

イデアの影(森博嗣)

狂女の半生。

 

好き嫌いが分かれそう。

名無しの女性を主人公とした、なんというか音の無い一作。

レコードをかけたり、舞踏会に出たり、案外音楽は流れているのに無音という印象。

ハイスピードで人間がザクザクと死に、そのたび均衡を崩す主人公。

結局、生き物を辞めてしまった。

これ嫌いな人は、穴(小山田浩子)が好きかもわからん。

あっちの人が現実ベースの幻想なら、こっちの人は幻想ベースの現実だな。

 

ひとの認識をちょっとずつ引っ張って、気付けば位置をずらしてしまう作品というのがたまにある。

具体的には、よく夢野久作ドグラマグラに「読むと気が狂う」と煽りがついてるけど、そういうこと。

ドグラマグラは丁寧に丁寧にそれをやるけど、本作は大した文字数を費やさずにわりとあっさりやってのける。

多分、作品内で読み手にいちばん近い主人公が真っ先に引っ張られて、読み手を誘導するんだろうね。

ただ、答えの見えない場所へ置き去りにしてループ始めるドグラマグラより、穏やかな場所まで導いてくれる本作は別に気を狂わせたりしないと思う。安心して、どうぞ。

 

ひとつ言わせてもらうなら、あのプロローグはなんなの。

プロローグの数ページだけが小煩い。

全編通しておっとりゆったりおとぼけている主人公が、なんかそこだけ色があるというか輪郭があるというか、きつめの感情があるというか。

狂人ではない、明確に現実を生きている彼女であるのかな?

あっちとこっちを行き来するタイプだったんね。

 

中盤から主人公は、影と言葉を交わし始める。

それは人間=物体の影ではなく誰かの観念、理想の誰か、主人公が創り出したイデアの影。

なんか、それもいいのかもわからんね。

 

 

 

深夜にいる(香納諒一)

やたら雨が降っているけど、なんだか湿度の低い、乾いた感じの短編集。

私はものを知りませんが、こういうのをハードボイルドと呼ぶかな?違う?

 

6編収録されているけど、全てが若き日の夢や希望を失った大人のみなさんが主人公。

1編目、「道連れ」の太郎さんが大変格好良くて好みです。

全編を通して、問題は概ね片付かないんだけど、それでもオチはつくんだね、と思いました。

そのくらいが人生なんかもしらん。

 

5編目の紅一点、「声の連関」の女性主人公だけ異色かな、なんかこいつだけただのアホでなんなんだ。

 

そんな感じ。

短編集の感想の書き方がわからない、そんな私より愛を籠めて。

 

櫛木理宇/爪切男/中村文則/下村敦史

こういう日があってもいい。

 

■世界が赫に染まる日に(櫛木理宇)

少年犯罪(加害者)vs少年犯罪(被害者家族)。

理想の中二的なカッコ良さ、現実の「こんなもんよね」感、私は好き。

私は被害者にも被害者家族にもなったことがないため、「もし被害者(家族)になったら加害者を陥れたいなあ」と軽率に思っていたんだけど、そういうことじゃねえんだな、と考えを改めました。

これは私個人の感覚なので異論は全力で認めますが、バッドエンドだと思いました。

表紙がかっこいい。

 

■死にたい夜にかぎって(爪切男)

よくわからんで読んだら、物語ではなく自伝だった。

自伝って、感想が難しい…他人様の人生に批評だ感想だってしていいのかな。

強いて言うなら文章がすごくインターネットって感じ(ex.品田遊a.k.aダ・ヴィンチ・恐山)

でも当時「なし水」は買ったのである。安かったから。

坊主頭で眼鏡の男性が会計してくれたので、まさか?と思うがそこはけつのあなカラーボーイのスペースだったので、別の坊主眼鏡だったかもしれない。

 

■私の消滅(中村文則)

私は誰、あなたは誰、俺がお前でお前が俺で。

前情報なしで読んだ方がいいと思うし、その発想は無かった!

とは思うんだけど全体的に稚拙。

悪い意味でラノベ

あとがきがしゃらくせえ。

 

■闇に香る噓

全盲の元老害おじいさんが、疑心暗鬼で猛烈に暴走、読者に心配をかけまくる乱歩賞受賞作。

中国残留孤児である兄が帰国した…のはいいんだけど、こいつ本当に兄貴か?と疑ってみたら止まらない。

そんなおじいさんがチラチラと老害の名残を見せてくるのでヒヤヒヤする。

伏線が丁寧に張られていて面白いんだけど、丁寧すぎてダルくもある。

映画や漫画っぽいと言ったら近いかな…そういう文法で小説書かれたらしつこいと思います。

出版時に改題してるんだけど、乱歩賞受賞時の批評で改題前のタイトル「無縁の常闇に嘘は香る」が全否定されてて笑ってしまった。

改題後も、旧字体の「噓」がちょい鼻につく。

 

 

以上です。

さあ、地獄へ堕ちよう(菅原和也)

怖い!!!

 

M女のミチちゃんがお友達の仇討ちに奔走する、横溝正史ミステリ大賞受賞作。

帯に「ボリスヴィアンの再来」とあったので、「おう、やってみろ」と思った。

 

色んな書評とかでも言われてるように、若干の残虐表現や身体改造描写があるので嫌な人は嫌かもしれない。

でも主人公がしてるのはせいぜいボディピアスくらいなものだし、そっちを期待して読むものではない。

ていうか、作者はなんにもしたことないかもしれない。

私もボディピアスだけはいくつか開けており、セルフに失敗して血まみれになったりもしたので、なんとなくこう「イメージ上のボディピ」って感じがした。

ボディピも開けてない人がいきなり、皮剥がしたり埋め込みとかしないだろうしね。

あと文章が稚拙な一人称なので、そのへん神経質な人は気持ち悪いかもしれない。

山田悠介よりはマシかなくらいです。

 

じゃあ何が怖いのか。

主人公が怖い。

 

中盤くらいまでの主人公ミチはびっくりするほど頭が悪いが、それなりの正義感を備えた常識人のように思える。

自分がバカチンなのも理解しているので、困ったら躊躇なく他人を信頼し頼ることができる、という長所を持つ素直でかわいい奴である。

こいつのとこに転がり込んでくる幼馴染男タミー(本名:タミオ)が「人間を一覧から選択し殺害すると寸志がもらえる」というアングラサイトをチラ見せしたからもう大変。

全ての長所が逆転し、手のつけられないハードコアな素直バカと化す。

素直なので、良かれ悪しかれ信じた人間は疑わない。

バカなので他人の言葉の行間は読めないけど結論は出しちゃう。

ハードコアなので信じる結論のためなら何でもする。

 

一人称の小説なのに主人公の理屈が全くわからない。

怖い。

なんなら内面なんてほとんど描かれないトリックスター的人物や悪役の方の心情のほうがよくわかる。

文章が稚拙だからミチが怖いのか?頭が白痴なミチの一人称だから文章が稚拙なのか?

それすらもわからない。

怖い。

だんだんとミチ自身がミステリーに変貌していく。

ミステリー小説を読んでいるつもりが、気付いたらミステリー本体の日常を覗き見していました。どうしたらいいでしょうか?(東京都:会社員)

 

ところで。

ボリスヴィアン作品は、一言で表すなら「不条理な暴力」であると私は思う。

なので菅原和也ではなくこのミチこそが「ボリスヴィアンの再来」なのかもしれない。

不条理が不条理なりの理論を持つあたり新感覚でもある。

 

これは横溝正史もボリスヴィアンも納得の新しいミステリー小説、なのではないでしょうか!?

 

仄暗い水の底から(鈴木光司)

映画有名すぎて書籍の形で見たことない人多数派説。

映画では黒木瞳扮する主人公の「私は何がどうあれエレベーターを使うんだ」という鋼の意思が印象的だった。

 

プロローグとエピローグを除いて7つの物語が収録されている短編集。言うほどホラーとしては怖くはない。

基本カッチリした文体をたまに崩してくる(〜している、〜していた、等の「い」をなぜか抜く)ので「んっ?」てなる。

私は間抜けなので4つ目くらいまで長編だと信じており、映画原作の母子が再登場するのを心待ちにしていた。

 

全ての物語に共通するのは、東京湾埋立地

Googleマップと並べて読むと、登場人物がだいたいどのへんに立ってるのかわかってちょっと楽しい。

別途有名な映画の「震える舌」、あれもこのへんの話だったね(※原作未読)

 

水って、閉じ込めてる間はかわいいものだけど、コントロールがほぼ利かなくて怖いと思う。

その証拠に、少しだけの水でもこぼしたら手に負えない。乾かないし、びちゃっとして不快。

ちょっと多めに集合されたらもうアウト。甘んじて身をゆだねるしかなくなってしまうしゲームオーバーだし。

しかも生死の概念がないから、だいたいのものは巻き取ってしまう。ウイルスも細菌も、毒も薬も。

かといって水がなければ地上の生き物オールアウトでみんな死んじまうしな。

でかくて強くて中立している水。

その最大の集合体である海、それを埋め立てた土地。誰しもうっすら怖くて当然じゃないかしらと私は思う。

海に囲まれた地震大国の日本人なら特別、そうではないかしら。

 

リング的な「おばけこわい!」を求めるならがっかりしちゃうかもだけど、タイトル通りの「仄暗い水の底」を満喫できる一冊でありました。との事でした。